白鳩 買い479円×100株

株価が軒並みナイアガラ状態な中、決算がいまいちで減配になる白鳩を火中の栗を拾う覚悟で購入。

最近BBCのドキュメンタリーで小児を模したタイプのセックスロボット(ラブドール)とそれへの需要が痛烈に批判されていたらしく、ダッチワイフに履かせるためのロリ系下着を白鳩で購入したことのある僕としては肩身が狭い限り。

川上塗料 買い1338円×100株

どうにも株価が冴えず、ネガティブな情報ばかり聞こえてくる川上塗料をあえてナンピン

メンタルが年寄りのように枯れていて陰湿な人間が多く、ろくでもない空気のところではあったが、入ってくる新人はしっかりした人間であったし、本社からの出向社員(ヘルプ)には優しくしてもらえ、工場長も人間的魅力に富む方だった。需要に対して常に人手不足で疲弊感が存在したものの、うまく世代交代を進めていけば将来は明るいと考えられるのではないだろうか。

さくらインターネット 買い667円×200株

強気な業績予想を耳にする割には株価が冴えないさくらインターネットナンピン

ジオシティーズのサービス終了発表とそれに伴う乗り換えキャンペーンでさくらインターネットの利用者大幅増が見込めるのではないかという思惑は安易だが、消失の危機にあるジオシティーズに残る多くのデータをさくらインターネットがなんとか救済して、さくらインターネット自体そのものが多くの人にとって欠かせないインフラとして存在感をアピール出来たらという願いを込め、一人のライトプランユーザーの立場で株を購入した。

ホンダ 買い3076円×100株

まさかの日経大暴落でホンダも年初来安値。

アメリカの中間選挙も控えていてまだまだカオスな展開が予想される上に、自動車業界はトランプショックでなかなか上がり目がなさそうな気もするんですが、スーパーカブに跨る僕にとっては絶好の買いチャンスと見ました。

配当利回りも悪くないし、配当を貰える機会が年4回というのもスイングで持ってるメリットが大きくなりそう。

 

9月半ばにバイク転倒で壊れた部分をこちらの提示した予算以内で安く修理してくれたことへの感謝も込めて。

これからは安全運転第一でカブを愛していきます。

東急不動産ホールディングス 買い696円×200株

昔、うちの近くの山が東急によって新興住宅地化されるという計画があったらしいが、バブル崩壊と共に水の泡となった。

あの時、開発が順調に進んでいたなら、今も山林のままのあの場所はどうなっていたことだろう、うるいど南やちはら台への影響は、などと今日1日だけで10%超下がっている株価を眺めながら沈潜し、買いに踏み切る。

 

東京五輪も迫ってきたし、日本の土地への投資という意味で、不動産投資はおっかなくて手が出せなくても、不動産株への投資はやってみてもいいのかもしれない。

はてな 売り2050円×200株

2月にトランプ恐慌かというぐらい日経平均が下げた時にはてなも1700円台まで下がったのですかさず購入したんですが、それから冴えず。

今回、なんとかはてな株が2000円を超えたので売り。

2500円ぐらいまで行ってもいい株だとはおもうんですけれど、乱高下がなかなか激しい株なのでまた下で待つことにします。

JT 買い2934円×100株

タバコ増税や健康志向の高まりなどもあって年々喫煙者の割合は減っているとはいえ、高ストレス社会の中で煙草を渇望する存在はなくならないだろう。

いくつかの職場で休憩時間の度に喫煙ができる場所へそそくさと向かっては一服する人間の姿を見て、彼らにとってタバコを吸っている時間が生きている時間そのものであり、重要なコミュニケーションツールでもあると解釈した。そういう人が少なくない数でまだ存在している。

 

株としては、配当150円、利回り5%が魅力的に映る。

JT株を一番所有しているのが財務大臣(国)で、持ち株比率は30%を超えている点についても構造的な問題はさておき、安倍政権がまだ続くのであればJTは当面は安泰とみる。

それが私達にとって良い未来を齎すものなのかどうかはさておいて。

少なくとも私にとっては悪くない未来だったと思うために今回JT株を購入してみた。